初めての自動車タイヤの空気圧チェックと空気入れ

高校卒業時に自動車免許証を取得して数十年経ちますが、タイヤの空気圧チャックを私自身が行ったことは一度もありませんでした。

でもそんな私が一人でタイヤチェックをしタイヤに空気を入れることが出来たのです。

どうしてこういう状況になったのかというのは自動車走行中に道路の少しのくぼみ等で振動があまりにも大きく感じることがあり、

心配になり自動車整備工場に行く前にネットで検索したらタイヤの空気圧が原因の一つという事を見つけることが出来ました。

そこで考えててみるとこの一年ぐらい

「タイヤの空気圧」

という言葉を目にしたり聞いたりしていないと思い出しました。

どうしてそのように思うのかと言いますとまず自動車車検が一年前で検査項目でタイヤチェックと見たのが最後で、

また長年利用していたガソリンスタンドが一年前に閉鎖したのが原因だったのです。

そのガソリンスタンドはスタッフの方々の対応がよくフロントガラスを拭いてくれたり車内清掃までよくやって頂きました。

そして頻度は思い出せませんがスタッフの方から

「タイヤのチエックをし空気を入れときました」

と声を掛けてもらっていたのです。

それがガソリンスタンド閉鎖により私がセルフガソリンスタンドに変更することになりそのサービスを受ける事がなくなっていたのです。

でもそれは自分の甘えでした今利用しているガソリンスタンドでも備え付けのタイヤ空気入れが無料で出来ることが分かったのです。

初めはどうするのかわからずに戸惑っていましたが慣れると案外簡単に出来るようになりました。

今は少し自信が付き今度は夏タイヤから冬タイヤの交換が自分で出来るようになることを夢見ています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です